• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2016/10/23 23:36


1970年代頃のメキシコ、オアハカで作られていたウッドカービングを、彫りの雰囲気や塗装など、当時の製法にこだわって復刻したもので、その顔つきや体のバランスはメキシコならではの造形です。今回はジャガーチキンヘッドゼブラターキーバードの4種類が入荷しました。

70年代頃のメキシコのオアハカで作られたウッドカービングの鳥や動物は、Alexander Girard(アレキサンダー・ジラルド)をはじめとした世界各国のデザイナーやコレクターをも魅了し、日本でも濱田庄司記念益子参考館など様々な民芸館でも所蔵されているのを見ることができます。 


チキンヘッドゼブラは書籍「世界の民芸」にて当時のオリジナルを見ることができます。


こちらは濱田庄司記念益子参考館に展示してあったビンテージのジャガー

現代のオアハカのウッドカービングは、木工のテクニックも上がり塗装方法も変わったためなかなかビンテージの味わいとは違うものになっていますが、こちらは彫りのラフさや当時のアニリンペイントにまでこだわり、どこかとぼけた愛らしい雰囲気まで忠実に再現したものになります。そのため木の乾燥や酸化などにより経年の変化をお楽しみいただけるものとなっています。